第2回
はこだて学生政策アイデアコンテスト

函館市および道南地域の現状・課題について分析し、解決策となるような政策アイデアをご提案ください。

はこだて学生政策アイデアコンテスト

ホーム ≫ 審査員のご紹介

審査員のご紹介

城田 敏樹 氏(しろた としき)

城田副局長
渡島総合振興局副局長
(地域創生部・保健環境部・産業振興部担当)
1962年小樽市生まれ。北海道大学法学部卒業。
昭和58年4月 留萌支庁
平成14年7月 総務部総務課主幹
平成15年6月 総務部行財政システム改革推進室主幹
平成16年4月 企画振興部地域振興室地域政策課主幹
平成17年4月 企画振興部地域主権推進室主幹
平成18年4月 企画振興部地域主権局主幹
平成20年4月 総務部総務課主幹
平成22年4月 後志総合振興局保健環境部長
平成24年4月 後志総合振興局地域政策部長
平成25年4月 総合政策部航空局参事
平成26年4月 総合政策部地域主権局参事
平成27年6月 総合政策部地域主権・行政局地域主権課長
平成28年4月 総合政策部政策局土地水対策課長

河原 範毅 氏(かわはら のりたけ)

河原局長
北海道教育庁渡島教育局長。
1960年生まれ。都留文科大学卒業。
昭和57年に公立学校教員となる。
平成12年に北海道教育委員会指導主事となり、学校教育局高校教育課主幹などを経て
平成26年に北海道登別明日中等教育学校長
平成28年に学校教育局高校教育課長
平成29年4月より現職

辻 俊行 氏(つじ としゆき)

tsuji
函館市教育委員会教育長。
1960年生まれ。北海道教育大学函館校卒業。
昭和59年4月 八雲町立八雲中学校教諭
昭和63年4月 八雲町立山越小学校教諭
平成4年4月 函館市立本通中学校教諭
その後、北海道教育委員会で指導主事、特別支援教育課主幹、義務教育課主幹、胆振教育局次長、学校教育局の義務教育課長を経て、渡島教育局長を歴任。
平成29年4月 函館市教育委員会教育長に就任

木村 俊昭 氏(きむら としあき)

木村 俊昭

東京農業大学教授/内閣官房 シティマネージャー(自治体・特別参与)
日本地域創生学会 会長
1960年北海道生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程。
1984年小樽市入庁。産業振興課長、企画政策室主幹(プロジェクト担当)、産業港湾部副参事(次長職)。2009年から農林水産省大臣官房企画官として、地域の担い手の養成、地域ビジネスの創出、地域と大学との連携、農商工連携、6次産業化などを担当。
農林水産省 食のモデル地域構築計画選定委員会 副委員長、コミュニティ総合プロデューサー、地域活性学会常任理事(北海道支部長)、一般社団法人日本事業構想研究所代表理事、一般社団法人五感六育ファーム代表理事等として、大学講義や全国各地からの依頼により、年間120箇所以上で講演・現地アドバイスを実施中。

  遠藤 哲哉 氏(えんどう てつや)

遠藤哲也.
青森公立大学経営経済学部・大学院教授(博士・経営学)
地域経営学会会長
専門分野は、自治体経営、地域経営。米国シティ・マネジャー研究からスタートし、現在の研究テーマは、国際的視点からする「地域イノベーション創発の組織・リーダーシップ戦略と地域経営」。アジア・欧米を中心に国際比較研究を続ける。2016年9月「地域経営学会」を創設。この他、経済産業省事業農商工連携人材発掘・研修事業アドバイザー、経済産業省事業モデル標準化アドバイザー、青森市第三セクター経営評価委員会委員長、下北地域県民局地域連携部地域活性化委員会委員長等を歴任。
趣味は、スノーボード。

大橋 美幸 氏(おおはし みゆき)

大橋美幸
函館大学 准教授・地域連携センター長(工学博士)
1969年滋賀県生まれ
横浜国立大学大学院博士後期課程工学研究科建設計画学専攻修了
2000年に日本福祉大学福祉社会開発研究所研究員
2001年に東北福祉大学総合福祉学部講師、認知症高齢者介護研究・研修仙台センター専任研究員などを経て
2005年より現職、地域学ゼミなどを担当
函館市産業支援センターの函館きぎょうサポーター、函館市まち・ひと・しごと創生推進会議委員、函館市地域再生協議会委員などを歴任
公益社団法人認知症の人と家族の会理事(認知症の人と介護家族の全国組織)、NPO萌友理事(ホームレス支援)などに携わっていた。
現在は、函館市の福祉コミュニティエリア(生涯活躍のまち・日本CCRC)などの研究をしている。

山本 光子 氏(やまもと てるこ)

山本 光子
株式会社ぐるなび 
執行役員
 営業本部プロモーション部門長 
 兼)株式会社ぐるなび総研上席研究員
 兼)株式会社食の劇団取締役
京都府生まれ。北海道大学法学部卒業。
(株)日本リクルートセンター、(株)西武百貨店、(株)NTTドコモ北海道、(株)電通北海道を経て、
2014年7月(株)ぐるなび入社。
専門分野は販売促進、戦略広報、マーケティング、営業企画、食と観光領域のプロデュース、ブランディング等。
現在、ぐるなびの国内外のプロモーション事業を統括するプロモーション部門長として日本各地の食文化振興やインバウンド企画、日本食材の輸出等に広く関わっている。
北海道運輸交通審議会委員、栃木県農産物ブランド化委員。
日本広報学会会員。コマンドリー・ド・ボルドー東京会員。日本ワインを愛する会会員。

阿部 晃士 氏(あべ こうじ)

阿部 晃士
株式会社JTB北海道 札幌法人事業部 事業部長
1969年札幌市生まれ。札幌大学経営学部卒業。
1992年 株式会社日本交通公社入社、2004年株式会社ジェイティービー イベント・コンベンション営業部営業課長、2013年株式会社JTB北海道 札幌法人事業部 コミュニケ―ション営業部 営業部長。
この間、2005年アート オブ スターウォーズ展 総合プロデューサーをはじめ、2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会ディレクター、2008年 北海道洞爺湖サミット 営業統括責任者 兼 輸送本部チーフディレクター、2007年~2009年 札幌市 首都圏シティPR事業 総合プロデューサー、2010年APEC貿易担当大臣会合 宿泊・輸送本部 統括責任者、2010年上海万博北海道の日 旅行部門統括責任者、2010年 APEC首脳会議(横浜 宿泊センター) チーフディレクターなどを歴任。
この他、官公庁、企業、MICEなど旅行部門以外にもインバウント営業開発及びソリューションビジネスや観光およびインバウンドに関する講演多数。
2015年12月HTB「激論!どうする北海道」生出演。

堀田 剛史 氏(ほりた たかし)

一般社団法人函館青年会議所 理事長
堀田法律事務所 弁護士
大阪教育大学卒業

嶋村 崇 氏(しまむら たかし)

嶋村 崇
株式会社BalanceLife 代表取締役
Grand Hair Make NOAH 代表兼ヘアプロデューサー
全国若手商店街 北海道支部 常任理事
1981年函館市生まれ。
函館稜北高等学校、函館理容美容専門学校卒業。
卒業後、函館市内の美容室で勤務した後、
2009年 Grand Hair Make NOAH開業。
2011年 派遣ヘアメイク事業hair & make beauty create SIVA開業。
2015年 セルフホワイトニング事業【Snow White】を函館、札幌にオープン。
この他、アプリ運営管理販売事業「女子力向上委員会in函館」の他3つの事業を展開。
また、函館をロケ地としたドラマ、テレビ番組出演者や北海道最大のファッションフェス、札幌コレクション出演モデルのヘアメイク等など幅広いフィールドで活躍中。
函館黒船地域活性化協議会 常任理事、一般社団法人函館青年会議所 広報渉外委員会 委員長

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
コンテスト開催日:2017年11月23日(木)
開催場所:北海道教育大学函館校

- お問い合わせ先 -

一般社団法人 はこだて地方創生研究会

http://hakodate-irr.com/


第2回
はこだて学生政策
アイデアコンテスト

2017年11月23日(木)開催

学生限定

▶ 応募方法はこちら

- コンテスト概要 -

- アーカイブ -

第1回 はこだて学生政策アイデアコンテストの概要はこちら↓

第1回のコンテスト概要

 

モバイルサイト

第2回 はこだて学生政策コンテストモバイルサイトQRコード

第2回 はこだて学生政策コンテストモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 函館商工会議所
  • SECバナー
  • 函館環境衛生
  • 二本柳慶一建築研究所
  • 古清商店
  • 古清商店
  • ふじでん
  • 函館山ロープウェイ
  • 空港ビルディング
  • シゴトガイド
  • SUNSコーポレーション
  • 地元家バナー
  • マークカンパニー
  • KSホールディングス
  • カネス杉澤事業所
  • サンライズ木工
  • firstflash
  • balancelife

- お問い合わせ先 -

一般社団法人
はこだて地方創生研究会

http://hakodate-irr.com/

〒040-0064
北海道函館市大手町3番15号
函館自動車工業株式会社内

otoiawase@hakodate-irr.com
[受付時間] 10時~18時
[定休日] 日曜・祝日